不動産投資は綿密な資金計画の元で実行

不動産を持っている方は、長期的な収益が得ることが出来、安定的にお金が入ってくるということが大きなメリットです。
また税金面でも良い面があり、例えば、所得税の節税が出来たり、相続税が安くなるといったことも挙げられます。
老後の生活資金として土地活用している方も多くおられます。
そして株式投資とは違う点として、物件の管理や入居者募集の方法や、家賃を見直したりすることを自己判断で行える点も優れています。
自らの判断が成功に結びつくのは、不動産投資にしかないメリットと言えるでしょう。
相続税が安くなる理由に関しては、預金と比べてみて、相続税計算上の評価が低くなるという点からです。
投資することにより、手持ちの現金や貯金を不動産に変えることで、相続税額を節減できるので取り組んでみるのも良いかもしれません。
ただ、初めにまとまったお金が必要になり借入する場合もあるでしょう。
仮に家賃収入がおもわしくなかった場合には借金の返済が滞ってしまうという事態にもなりかねません。
しっかりとした資金計画を考えたうえで投資を実行しなくてはなりません。