東京でマイホームを購入するなら注文住宅がおすすめ

東京では、狭い土地しか確保できないことが多いです。
十分な広さの一戸建てが建てられる土地は値段が高いので、なかなか手に入れることはできません。
この狭さなら一戸建てを建てるのが難しいという、いわゆる「狭小地」しか手が届かないのが普通です。
ですが、注文住宅というスタイルで建物を建てるのであれば、土地の狭さはカバーしていけるはずです。
何しろ、自分で間取りを好きなように決めていけるからです。
必要のないものはすべて省いて工夫をしてデザインを考えていけば、狭小地であろうとも立派な一戸建てを作ることができます。
たとえば三階建てにすると、土地の狭さもある程度はカバーできます。
狭い土地でも、三階建てなら十分な部屋数を確保できることでしょう。
屋上に出られるようにすると、そこでガーデニングもできますね。
庭を作るほどの土地の広さがなくても、庭のようなものは作れるのです。
駐車場を作れば、別途駐車料金を毎月支払う必要もなくなります。